×

CATEGORY

HOME»  大分でいちご狩りを体験!【日隈いちご園】の「さがほのか」~いちごについてのコラム~»  大分でいちご農園をお探しの方は食べ放題を体験できる【日隈いちご園】~いちごの表面にあるツブツブは何?~

大分でいちご農園をお探しの方は食べ放題を体験できる【日隈いちご園】~いちごの表面にあるツブツブは何?~

大分のいちご農園で食べ放題を体験するなら【日隈いちご園】へ

大分のいちご農園で食べ放題を体験するなら【日隈いちご園】へ

大分でいちご農園をお探しなら【日隈いちご園】をご利用ください。【日隈いちご園】は、大分県玖珠の伐株山ふもとにあるいちご農園です。

2,700㎡のハウスで18,000本のさがほのかを専門に栽培しております。高設栽培により十分な太陽の光を浴びたさがほのかは、真っ赤に熟し、とても甘くなります。

2月中旬~6月上旬にかけて食べ放題を体験できますので、お出掛け場所に迷われる場合は、【日隈いちご園】をご利用ください。駐車場も8台分ご用意しております。

食べ放題のご予約は3日前までに

大分のいちご農園でさがほのかの食べ放題を楽しみませんか?【日隈いちご園】の営業は8:00~17:00の不定休ですので、事前にご予約をお願いいたします。ご予約については3日前までとなっており、お電話で対応いたします。食べ放題に関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

大分自動車道玖珠ICからお越しの際は、国道387号・210号を福岡方面へ約7分、由布院駅からお越しの際は、大分自動車道を経由すると約30分です。福岡市街地からも九州自動車道・大分自動車道を経由していただければ約1時間30分で到着いたしますので、プチ旅行を兼ねて家族やカップルでぜひお越しください。

いちごの表面にあるツブツブって何だろう?

いちごの表面にあるツブツブって何だろう?

いちごの表面には、ツブツブとした種のようなものがついていますが、実は種ではありません。ツブツブは、「痩果」と呼ばれる果実です。成熟しても開かず、一つの種をもちます。果実に見える赤い部分は、花を支える花托が大きくなったものです。

めしべの子房が大きくなったものを果実(真果)といいますが、子房以外の部分が大きくなってできたものは「偽果」に分類されます。

偽果には、なし状果・いちじく状果などがあり、いちごのように花托が大きくなって多数の果実があるものを「いちご状果」と呼びます。

大分のいちご農園といえば【日隈いちご園】

会社名 
日隈いちご園
代表 
日隈 優太
期間 
2月中旬~6月上旬
営業時間 
8:00-17:00
料金 
大人(小学生以上) 1,200円
子供(小学生未満) 800円
幼児(1~2歳) 300円
(税込料金になっております)
時間  40分食べ放題
定休日  不定休
予約  要予約(3日前までに予約をお願いします)
持ち帰り  可 140円~170円/100g ※時期に異なる
住所  〒879-4412
大分県玖珠郡玖珠町山田313−2 
電話番号  0973-72-0395
FAX番号 0973-72-0395
メールアドレス  info@higumaichigo.com
クレジット  クレジット不可
駐車場  有り(8台)
ホームページ http://www.higumaichigo.com

■大分自動車道玖珠ICから国道387号、210号を福岡方面へ約7分
■由布院駅から大分自動車道を経由して約30分
■福岡市街地から九州自動車道、大分自動車道を経由して約1時間30分

CONTENTS

CATEGORY